本文へスキップ




リクガメの理想的な食餌 
主食は野菜 
 副食に少量のペレット
 できるだけ野草を





野菜について
リクガメの多くがほぼ完全な草食動物です。
野生下では、さまざまな種類の野草を食べています。
しかし、飼育下では野菜中心の食餌になってしまいます。
野菜は、人間用に改良されているため、野草に比べると
水分が多く、せんい質はかなり少ないのです。
さらに、栄養的特性についても
野菜の種類によって異なりますが
カルシウム、ミネラル、ビタミン、たんぱく質が不足しています。



/100g 水分 たんぱく質 脂質 灰分 食物繊維
g g g g g
野草(山地) 64.1 2.8 0.9 3.2 11.4
野草(原野) 59.1 3.8 1.2 3.2 13.1
野草(あぜ) 76.3 2.7 0.7 2.5 6.8
小松菜 94.1 1.5 0.2 1.3 1.9
チンゲンサイ 96.0 0.6 0.1 0.8 1.2




少しでも野生の状態を再現するためには、栄養的に優れた種類を選び
できるだけ多種類の野菜を与えてください。
ポイントとしては
まず、カルシウムを多く含むものを与えてください。
そして、カルシウムとリンの比は、4〜5:1が理想です。
下の表をみてもらうと分かりますが
この理想を満たした野菜はすごく少ないです。
ほとんどの種類で、カルシウムが不足していますので
食餌には必ず、カルシウム剤をふりかけてください。  
この時の注意点としては、
ビタミンDを含むカルシウム剤は用いないでください。
カルシウムの腸からの吸収はビタミンDによって調節されています。
このため、カルシウム剤をだけを与えると
体内で合成されたビタミンDによって必要な量だけ吸収するため
過剰になることはありません。
しかし、ビタミンDとカルシウムを一緒に与えてしまうと
カルシウムが必要以上に吸収されてしまい
過剰になり、腎臓などに負担がかかる危険性があります。



エネルギー 食物繊維 たんぱく質 カルシウム リン カルシウム

リン

の比
ビタミンA ビタミンC
kcal g g mg mg μg mg
大阪シロ菜 13 1.8 1.4 150 52 2.88 1300 28
カブの葉 20 2.9 2.3 250 42 5.95 2800 82
からし菜 26 3.7 3.3 140 72 1.94 2800 64
キャベツ 23 1.8 1.3 43 27 1.59 50 41
きゅうり 14 1.1 1.0 26 36 0.72 330 14
水菜 23 3.0 2.2 210 64 3.28 1300 55
クレソン 15 2.5 2.1 110 57 1.93 2700 26
小松菜 14 1.9 1.5 170 45 3.78 3100 39
シソ 37 7.3 3.9 230 70 3.29 11000 26
春菊 22 0.2 2.3 120 44 2.73 4500 19
セロリ 15 1.5 1.0 39 39 1.00 44 7
大根の葉 25 4.0 2.2 260 52 5.00 3900 53
チンゲンサイ 9 1.2 0.6 100 27 3.70 2000 24
つるむらさき 13 2.2 0.7 150 28 5.36 3000 41
トマト 19 1.0 0.7 7 26 0.27 540 15
ナズナ 36 5.4 4.3 290 92 3.15 5200 110
ニンジン 37 2.7 0.6 28 25 1.12 9100 4
白菜 14 1.3 0.8 43 33 1.30 99 19
バジル 24 4.0 2.0 240 41 5.85 6300 16
パセリ 44 6.8 3.7 290 61 4.75 7400 120
青ピーマン 22 2.3 0.9 11 22 0.50 400 76
ブロッコリー 33 4.4 4.3 38 89 0.43 810 120
ほうれん草 20 2.8 2.2 49 47 1.04 4200 35
三つ葉 18 2.5 1.0 25 50 0.50 730 8
モロヘイヤ 38 5.9 4.8 260 110 2.36 10000 65
ヨモギ 46 7.8 5.2 180 100 1.80 5300 35
レタス 12 1.1 0.6 19 22 0.86 240 5
サラダ菜 14 1.8 1.7 56 49 1.14 2200 14
サニーレタス 16 2.0 1.2 66 31 2.13 2000 17
いちご 34 1.4 0.9 17 31 0.55 18 62
オレンジ 39 0.8 1.0 21 24 0.88 120 40
グレープフルーツ 38 0.6 0.9 15 17 0.88 0 36
すいか 37 0.3 0.6 4 8 0.50 830 10
バナナ 86 1.1 1.1 6 27 0.22 56 16
ぶどう 59 0.5 0.4 6 15 0.40 21 2
もも 40 1.3 0.6 4 18 0.22 5 8
りんご 54 1.5 0.2 3 10 0.30 21 4




野草について
野草は、リクガメにとって非常に有用ですので
できるだけ、与えるようにしてください。
タンポポ、クローバー、オオバコ、ナズナ、ハコベなど
がおすすめです。
排気ガス、犬猫のフン、除草剤などで
汚染されていないものを与えてください。



リクガメフードについて
リクガメフードは主食にはなりません。
リクガメに必要なせんい質やカルシウムが不足し
たんぱく質が多すぎるからです。
リクガメに必要なたんぱく質量は7%と言われていますが
市販のリクガメフードには20%近く含まれています。
たんぱく質が多いと、異常な急成長の原因となります。
しかし、おやつ程度に少量与えることは
非常に有用です。
リクガメフードは、嗜好性が高いので
毎日の野菜の上に数粒加えることで
食欲を刺激します。
また、野菜のたんぱく質不足を補うこともできます。








ゆず動物病院

〒661-0966
兵庫県尼崎市西川2-35-3
TEL.06-7504-2130



●JR尼崎駅より徒歩10分

●駐車場あり
(北側の駐車場13〜15)